記事一覧

決済代行会社の問題点

カード現金化業者がなぜクレジットカードでの利用で利益を得ることができるのか。そもそも、得体の知れない、実態のはっきりしない業者であるはずのカード現金化業者が、どうしてクレジットカードでの決済が可能なのか。そこには、最近になって問題点が次第に指摘されつつある、決済代行会社の存在を抜きにして考えることはできない。クレジットカードの管理には、顧客勧誘やカード発行業務などを行うイシュアーと呼ばれる部分と、加盟店の募集や管理を行うアクワイアラーと呼ばれる部分がある。このうち、アクワイアラーがすべての加盟店でのカード 管理を行うことは、その数の多さからほぼ不可能な状態にあるとされる。

そこで登場してくるのが、アクワイアラーに代わって加盟店の開拓とカード利用の管理を行う決済代行会社と呼ばれる業者である。カード会社には、VlSA、マスターカード、JCB、アメリカンエクスプレス、ダイナースといった国際ブランドがあり、その利用店加盟には独自の審査基準がある。通常、アクワイアラーはその基準に基づいて加盟店を開拓していくわけであるが、その効率化のために決済代行会社を使うことが慣例化している。そして、決済代行会社は開拓した加盟店のカード利用の決済を代行して行い、その手数料を収入とする。このご決済代行会社が、自らの権限において加盟店開拓を行っているのが現状である。

場末の飲食店などでも国際ブランドの各種クレジットカードが使用できるのも、こうした事情によるものである。このように、加盟店の開拓を進めたいアクワイアラーと、手数料収入を増やしたい決済代行会社との、両者の利害が合致しているため、このような慣例がまかり通っているというわけである。明記しておかなくてならないのは、決済代行会社というものが、その質において非常に大きな差があるということである。社会的な常識のもとに、コンプライアンスを重視して業務を行っている決済代行会社は少なくない。

そして、現在のように加盟店が非常に多くなっている現状では、決済代行会社に頼らざるをえないというのが現実だという。とくに、インターネットの普及とネットショッピングの増加によって、もはや決済代行会社の存在なしには業界は考えられないのだそうである。だが、その一方で利益だけを追求するあまり、国際ブランドの信用性にそぐわないような、営業内容に問題のある可能性が高い業者を加盟店にしてしまうような決済代行会社があることも事実である。その例が、出会い系サイトや競馬必勝法などの被害に、カード決済が利用されていたことである。